工事

地震に備えたフェンス 総額75,600円

東京都 Vマンション様

マンション裏口のブロック塀解体と

フェンス設置工事のご依頼を頂きました。

地震への備え

マンションなどの裏口は、

防犯上の都合から高い塀で囲われている事がほとんどです。

ですが地震による万が一の事態に備え、

危険度の高いブロック塀を解体し、

塀の代わりに背の高いフェンスに切り替える建物が増えています。

アルミ製のフェンスであれば、万が一の事態が起こっても被害は最小限になります。

高尺フェンス・多段柱

高尺フェンスとは、フェンスの高さが120㎝を超えるフェンスを指します。

通常のフェンスは100㎝までのタイプがほとんどですので、

高尺タイプのフェンスであれば、プラス20㎝の高さまでカバーできます。

また、3mの高さまで設置可能な多段柱を使って高尺にする方法もあります。

通常タイプのフェンスを上下に組み合わせ、最大で3mまで設置可能です。

今回の商品は

LIXIL アルミ多段柱 T-16  商品定価 12,900円 (1本)

多段柱

LIXIL フェンスAB  YL3型 T-8   商品定価26,100円(1枚)

柱とフェンス、サイズの組み合わせが多数

違う高さのサイズを組み合わせたり、

目線の高さのみであったり、高さを自由に変える事も可能です。

参考1
参考2

今回は

多段柱T‐16に、フェンスABのT-8サイズを上下に2段

で取り付けます。

ブロック解体

解体前は、ブロック9段、180㎝の高さのブロック塀でした。

180㎝ですと、大き目な男性と同じ位の高さになり、

もし倒壊して人に当たれば大惨事に、

また、裏口の避難通路も塞がれてしまいます。

地上から2段、約40㎝を残して全て解体します

ブロックの境目、目地でカットし、

残すブロックが破損しない様に慎重に解体します。

柱を立てれば完了です

高尺フェンスの場合、柱はもちろん、フェンス本体も

通常のフェンスよりも重量があるので、固定用のモルタルを

1日以上置き、完全に硬化してからフェンス本体を取り付けて完了です

ブロック解体からフェンス設置まで

           格安総額75600円

Vマンション様、この度は誠にありがとうございました。

最近の格安工事では、掘削費用、コンクリートのハツリ作業や、

残土、ガラの処理費用を工事後に別途請求されるケースがあります。

最初の見積り段階で安く見せ、

後から費用上乗せのパターンにはくれぐれもお気を付けください。

同じ商品、同じ工事内容で、最低2社以上の見積りをお勧め致します

ブロック塀 倒壊寸前 総額170,200円埼玉県 H様 H様より、ご自宅のブロック塀が斜めに傾いているとの一報を頂きました。 早速駆けつけると、お話の通り、やはり大分...