未分類

危険な門袖のリフォーム

さいたま市N様

ブロック塀解体工事のご相談を承りました。

ご自身の身長よりも高いブロック造りの門袖です。

N様は以前から、地震などでの倒壊を気にされていたそうです。

使い勝手も考慮し、予算を抑えた門袖のリフォームをご提案させて頂きました。

最近では地震や台風、自然災害を理由に工事を勧めてくる

業者が多い様です。

特にお年寄りや奥様方を相手に

強引な営業をする業者も増えている様です。

今回のN様、他業者の見積り額に驚き、

お孫さんから私共にご相談頂いた経緯がございます。

ブロック塀

ブロック塀自体、

確かに門袖上部は傾きがありましたので危険ではありますが、

門袖下部はまだまだしっかりしている様です。

この様な場合

部分的な解体工事をお勧め致します。

今回は下部4段までを残すご提案です。

ポストとインターホン

既存ブロックへの埋め込みの場合、

解体する事によって使用不可になります。

ここは機能門柱を設置する事をお勧め致します。

安価な物から高級品まで様々です。

今回のお打ち合わせでは、2点のご提案をさせて頂きました。

なるべく予算を抑えたいご要望ですので、

最小限の費用で効果的な工事をご提案させて頂きます。

この時点までは全て、

ご家族の方とのメールでのやり取りです。

施工場所の画像や図面(手書きOK)を頂ければ、

概算見積りとご提案までが可能です。

コロナ禍での対面や来客を避けたい方、

是非一度お問い合わせくださいませ。

訪問営業には要注意、最低2社以上の見積り依頼がベターです

最終の現場調査と、お見積りご提示の後、

無事にご契約を頂きました。

N様、誠にありがとうございます。

今後も引き続き宜しくお願い致します。